ふくい夏のさとやまキャンプ【18夏・さとやまコース・報告ページ】

図1
里山でのくらしはどうだったかな?

長老 いと~ちゃん(伊藤弘晃)

 



~1日目~

今日から、さとやまコースのスタートです。7人という少人数ですが、元気いっぱいで、初めから仲がいい7名の仲間たち。班長決めや班の名前決めも自分たちで話し合って、しっかりと決めることができていました。ちょっとの自由時間をはさんで、寝床となるテント張り。男女で1つづつテントを張って寝床の準備。立てるのは大変でしたが、みんなで協力して、早く立てることができました。 夜は、き~も~だ~め~し。偶然にも女の子がおどかし役、男の子がおどかされる役となり、みんなでワイワイときもだめしを楽しみました。 1日目からとっても仲良く、そして、みんなで協力して活動ができていました。 明日からもっともっと楽しい活動にするぞ~。







~2日目~

さとやまコース2日目は、朝のラジオ体操からスタート。初めてのごはんづくりで作った朝ごはんを食べて、午前中は、川遊びへ。川では、生き物を見つけたり、小さな石の上から川へジャンプしたり… それぞれがとても楽しそうに遊んでいました。 お昼は流しソーメン。そうめんだけでなく、きゅうりやトマト、フルーツも流れてきました。みんな大忙しにソーメンをとって食べて、もうおなかいっぱい。 自由時間を挟んで、夕ご飯前にスイカ割り。みんなチャレンジし、最後の子でスイカが割れ、みんな大喜び。夕食の時に、おいしくいただきました。 夜ご飯はカレー作り。みんなで協力して、野菜を切って、火を起こして…おいしいカレーができました。 夜は、焚火を囲んで、ゲームをやったり、マシュマロを焼いたり… 今日1日、たくさんの活動をして、夜はみんな早くテントでぐっすり。 色々なことをした1日でした。










~3日目~

今日は、リズムの森での活動の最後の日。「来た時よりも美しく」ということで、2日間使ったテントの片づけ、リズムの森の掃除を行い、活動の片づけを行いました。みんな協力して、早く片付けが終わったので、みんなでおやつとしてかき氷を食べました。 午後からは、3軒の受入家庭に分かれてホームステイへ。一乗滝で水遊び、すいか割りをみんなでした後に、それぞれのお家に。今日、明日はその家の子になった気分で、受入家庭のおじいちゃん、おばあちゃんと楽しくご飯を作ったり、食べたりしていました。











~4日目~

午前中は、近くの公民館にみんな集まって、流しそーめん。2日目にやった流しそーめんよりもいろいろなものが流れてきました。 楽しいホームステイも終わり。1日受入れてくださった受入家庭におじいちゃん、おばあちゃんにありがとうと感謝を言ってお別れしました。とっても楽しかったようで、それぞれにいろいろな思い出ができたみたいです。 さとやまコースもこれで終わり。人数が少なかったけどみんな仲良く、楽しく、いっぱい遊ぶことができました。さようなら、またね。




キャンプ事業

facebook


インスタグラム

言語切替:


[:ja] [:]